映画・海外ドラマ三昧 
和風ラルク

▲ 和風ラルク


以前からちょっと描いてみたいと思っていた、着物着用ラルク。
見えていませんが、眼帯も付けてます。
この姿で日本刀振り回して欲しいとか思ってしまう。

▼ 以前の絵茶で、しんさんが描いて下さったラルク!自慢自慢 ( *´`)

しんさん画 ラルク

*

ついったでは度々呟いているのですが、最近連日の様に映画や海外ドラマを見ています。

自分の好みのジャンルが、スプラッタ・スリラー・サイコ・ミステリー等
グロ系のものも平気で見られるので、好んで見る作品に、血を流さない作品がないと言う…。

最近のハマりはスパナチュです。まだシーズン1ですが、面白い。
兄弟愛とか家族愛とかがあってぐっときますし、オカルト要素も有で私好み。
日本語吹き替えの兄貴の棒読みっぷりは笑えます、うん。もう慣れましたが。

S/A/Wは5まではきちんと見たいなぁと(現在4レンタル中)
6は確か今上映中…だったはず…。あの映像を映画館で見るというのもいいな…!
でも今はそれよりかはフォース/カインドを見てみたいです。
自分は、急に大きな音が出るのに凄くびびるチキンなので
CM等を見る限り、そう言った意味でちょっとスリリングかなーと。
S/A/Wも割と平気に見ていられますが、どのシリーズも痛い。
グロいとかそういう感覚ではなく、自分の中では「痛い」。
描写的にくるというよりも、精神的にきます。自分も痛みを覚える感覚があります。
でも、ジグソウはとても可愛いです。思わずきゅんきゅんしてしまう。

ミ/ス/トは聞いていた通りの鬱映画でした。
見た後はぽっかり穴が開いたような感覚でした。これを喪失感と言うのだろうか。
レビューで書かれていた言葉ですが、誰に何の恨みがあってあんな作品を作ったんだ
…という感じも確かにあります。人間が兎に角恐ろしい作品です。本当に恐ろしかった。
個人的にはEDは好きです。好き、というと語弊があるか…。
好きというより、十分有なEDだと個人的には思ってます。

スプラッタ慣れしているので、切断映像や残虐シーンその他諸々は割と平気です。
むしろ好んで見る傾向にあります。ほのぼのより血の気の多い作品を選ぶ人間です。
でも、あまりに流血シーンが多過ぎるとか、登場キャラがバッタバッタ殺される
…というのは萎える事が多いです。
逆に噴いてしまう。そりゃねーだろ、って。
そういった意味で、やっぱりストーリーって大事なのだなぁと思います。
ただのグロスプラッタは、見ていて飽きてしまいますし。

後は、リベンジDVDも予約で既にゲット済み。
リベンジは、2009年一之瀬ベストオブ萌え作品です。

何かおすすめの作品がありましたら、教えて頂けたら嬉しいです | *・ω・)))
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://lggate.blog71.fc2.com/tb.php/9-34d1c664