スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
創作(レトロ)の歩み 
rd20160125.jpg
rd20160126.jpg
(※全てクリックで原寸大)

2004年と2015年の深紅キャラ比べ。
自分では成長している気がしませんが、こうして並べてみると、ちょっと元気が出る気がします。
ちょっとは………。
流石に12年も経っているのに全然成長(変化?)がないというのはアレですが。

でも、レトロを作ってからもう10年以上も経っているのかと思うと、あっという間の時間だったように
感じますね。個人的に一之瀬は未だに創作新参者の感覚でいるので、創作を始めて5、6年程度の
感覚でした。版権で同人活動をしていた頃は、10年以上も好きでいる作品は正直なかったので
(元々自他共に認める飽き性なので…;)、創作…更に言えば一次創作を始めたきっかけであるレトロで
こんなに長く継続して絵や漫画等を描(書)き続けていることは、私自身奇跡なのではないかと思ってます。
昔の自分では本当に在り得ないことですね、これは…。自分でも吃驚。

レトロキャラの中では言わずもがな()、朱羅さんが1番濃厚なキャラになったな…と。
ここまで自分自身がのめり込めるキャラクターとなったのも吃驚です、朱羅さん。
朱羅さんもそうですが、朱鷺兄と朱羅さんとか、御堂家とかキリス種族とかとか…
やっぱり朱羅さん周りがあれこれ設定が細々出来ましたね。
御堂家……本当に恐ろしい……(ブルブル)

年々マイペース度が増してはいますが、今後ものんびり楽しく創作活動を続けられたらと思ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。