スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親友 相棒 仕事配分 
rd20151204.jpg
(※クリックで原寸大)

いっきは生真面目な面があるので、ああ見えてどの仕事も割りとフルスロットルでやってしまいがち。
自分の情報やサポートで仲間の生死が変わることもあるので、そういう面で変に力が入ると言うか…。
能力的にも優秀なので、仕事量も他の諜報部員達より多め。
それで結果的に貫徹の日々を過ごすことも少なくはなく…。

一方、朱羅さんはと言えば良い意味で適当。力配分や重要度、優先順位の付け方が匠なので、
いっきのようにどの仕事もフルスロットルで取り組むことはありません
(キリスの血のこともあるので、あまり無理が続くことは出来ない。という理由もありますが…)。

こんな感じの2人なので、朱羅さんがそっといっきの仕事を手伝ったりすることもあるのです。
↑朱羅さんも言っていますが、いっきは人の心配は人一倍するのに自分の心配はあまりしない子なので。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。