スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いっきと瑪瑙ちゃん 
rd20151119.jpg

私服瑪瑙ちゃん。

以前にも話したような気がするのですが…
Eolorcの瑪瑙ちゃんの服装は、居住地がスラム街なのであまり目立たない色の服装を。
でも瑪瑙ちゃんは女の子だし、そんな中にも女の子らしいものを取り入れたい。
そんな思いでいっきが(ほぼ全て)手作りしたものだったりします。

まだいっきの元に来たばかりの頃の瑪瑙ちゃんは今のように笑顔は見せず、
自分の殻の中に閉じこもり、言葉数の少ない女の子でした。
それでもホームの皆の暖かさや、リーダーであるいっきの包容力やリーダーシップや人懐こさ等に
触れていくうち、元々瑪瑙ちゃんの中に在った明るさや暖かさ、優しさ等が
再び顔を覗かせ始めるようになります。

なので、瑪瑙ちゃんの中でのいっきは"自分を救ってくれたひと"という認識が強く、
感謝の気持ちでいっぱいで、自分がホームに慣れ、皆の役に立てるようになってからは
そんないっきへの恩返しをしていきたいという思いが瑪瑙ちゃんの中で芽生えていきます。
なので、いっきは瑪瑙ちゃんに密かな恋心を抱いていますが、瑪瑙ちゃんからすれば
いっきは家族であり命の恩人という認識が強いが故に異性として見られることはありませんでした。

元々いっきはそんな瑪瑙ちゃんの自分への気持ちに気が付いていましたし、
敵わぬ恋だという自覚もあったので、この恋を叶え様という想いはなかったのですが…。
だからこそ、朱羅さんと瑪瑙ちゃんがお互い信頼し合い、恋人関係となったときには
朱羅さんのことも瑪瑙ちゃんのことも大好きだったいっきは本気で嬉しかったのです。
大好きな2人がお互いのことを強く、深く想い合っている。
いっきは、それが何より嬉しいと感じたのです。
だからこそいっきは2人はずっと一緒にいて欲しい、幸せになって欲しいと願っていたのですが……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。