10代の頃の朱羅さんといっき 
rd20151101_01.jpg
(※クリックで原寸大)

10代の頃の朱羅さんは本人が望まずとも周囲の目を惹く存在で、そのせいで陰湿的なものや暴力的な
虐めを受けていましたし、↑こんな風に迫られることも少なくありませんでした。
朱羅さん本人は自分の頓着しない性格なので、実害がない限りは適当な感じだったりしたのですが、
問題はいっき。朱羅さんのことが心配で心配で益々精神的余裕を欠き、追い詰められたり…。

朱羅さんが周囲からの暴力が原因で怪我をしてきた時は勿論なのですが、いっきを1番陥れるのは
性的な意味での虐め(虐めでなく、相手が本気の場合も含まれはするのですが…)。
いっきはとってもとっても心配するし動揺するし怒りが込み上げてくるのですが、当の本人は他人事。
朱羅さんとのその温度差も益々いっきを追い詰めるわけで…。

20代になれば朱羅さんもある意味で自分をきちんと考えるようになるのですが、
それまでがちょっと(?)長くていっきの胃は穴だらけ…。
10代いっきは朱羅さんに依存し過ぎて心配性に拍車がかかって10円禿げとかあったんじゃないかな…
と最近考えるようになりました…。いっきなら十分ありえる……。