茨城・横須賀旅行記 ~横須賀編 ~ 
20150817_02.jpg

前回の「茨城編」に引き続き、今回は横須賀編!
…例に漏れず、今回もお目当ては軍艦・護衛艦です。
ではでは追記にてレポです。


◆ 8月17日 ◆

今年の1月に初めて堪能した「YOKOSUKA軍港めぐり」を再び堪能してきました。
この日は雨だと予約をするときから知ってはいたので、どうしようか悩んでいたのですが、
雨の日に見る軍艦・護衛艦もいいな、と思って行くことにしました。
…それに、前回護衛艦を見たのが5月で、もう3ヶ月も経ってしまって寂しかったんです…()。

20150817_01.jpg
▲ すぐ近くの某コーヒーショップにて朝食
出航時間より早めに移動し、護衛艦を眺めながらの朝食…。
ああ……この上ない幸せ……この上ない喜びっ……!!!
前回来た時もここで出航時間までのんびりしていましたが、今回も幸せなひとときでした…。

…肝心の艦がこれでは見えませんね…。
一之瀬の熱い視線の先にいるのは…

20150817_02.jpg
▲ ヘリコプター搭載護衛艦  DDH-183「いずも」(左)
  こんごう型護衛艦2番艦  DDG-174「きりしま」(右)
いずもは今年の3月にデビューしたばかりの艦で、
海上自衛隊の保有する艦の中で最大の大きさを誇ります。
一之瀬が前回きたとき、横須賀を定係港としていた DDH-181「ひゅうが」が編成替えにより
舞鶴に移籍となった為、新たにいずもが横須賀にやってきました。
「ひゅうが」よりも更に大きく、端から端まで移動するのが大変な為、
艦内には自転車が用意されているそうです。

きりしまは海自の自衛艦(護衛艦)の中で最も多くRIMPACに参加している艦であり、
2010年10月28日に弾道ミサイル迎撃試験で、6発の大陸間弾道弾にすべを迎撃、
更には弾道弾を宇宙空間で迎撃してしまうというとんでもない世界初の快挙を成し遂げた艦です。

雨が降ったり止んだりの天候の中、一之瀬が予約していた時間になると雨が止み、
今回もデッキでのクルーズを堪能することが出来ました。
ではでは出航~。
最初に見えたのは…

20150817_03.jpg
20150817_04.jpg
▲ 潜水艦
相変わらず艦番号がないので艦名がわかりません…。

20150817_05.jpg
20150817_06.jpg
20150817_07.jpg
▲ 先程紹介した「いずも」。
(最後の1枚はクルーズを終え、公園で近くまで移動した時に撮影したものです)
「ひゅうが」も十分大きかったですが…確かに「いずも」の方が大きかったです…。
これは自転車も必要になるのも納得です。

20150817_08.jpg
▲ 先程紹介した「きりしま」と…

20150817_09.jpg
▲ たかなみ型護衛艦1番艦  DD-110「たかなみ」(中央)
  あきづき型護衛艦 (2代)2番艦 DD-116「てるづき」(右)

20150817_10.jpg
▲ 掃海母艦 MST-463「うらが」

20150817_11.jpg
▲ アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦4番艦 DDG-54「カーティス・ウィルバー」
「カーティス・ウィルバー」は東日本大震災で米空母「ロナルド・レーガン」と共に日本の支援に派遣され、
被爆してしまった艦でもあります…。

20150817_12.jpg
20150817_13.jpg
20150817_14.jpg
20150817_15.jpg
▲ アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦39番艦  DDG-89「マスティン」
  アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦12番艦  DDG-62「フィッツジェラルド」
  アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦32番艦  DDG-82「ラッセン」
  アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦4番艦   DDG-54「カーティス・ウィルバー」
この日、横須賀を母港としている米海軍第15駆逐隊に属する駆逐艦7隻全て停泊しており、
ガイドさんにも運が良いと言われました(3週間前にはこの場所に1隻も停泊していなかったそうです…)。
しかし2隻は入渠中で姿は見えず、外に停泊している5隻中1隻は他の艦の影にいた為、
上手く写真に収めることが出来ませんでした…。ぐやじぃ…。
因みに他3隻は
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦6番艦   DDG-56「ジョン・S・マケイン」
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦13番艦  DDG-63「ステザム」
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦35番艦  DDG-85「マッキャンベル」
…です。

そしてこの日、更に珍しい艦が偶然横須賀にいらっしゃってました↓
20150817_16.jpg
▲ ロサンゼルス級原子力潜水艦52番艦 SSN-763「サンタフェ」
…と思われる艦だそうです(ガイドさん談)。
サンタフェの母港は真珠湾なので、通常は横須賀に停泊していることはありません。
何故ここにいるのか…というのも勿論軍事機密なのでわかりません。
クルーズ船が出航する1時間前に現れたということで、これもまた運が良かった…!

20150817_17.jpg
20150817_18.jpg
▲ 予科練発祥の地
前回のレポで茨城の予科練を紹介しましたが、元々予科練はここ横須賀で誕生し、
その後霞ヶ浦に移転されました。

20150817_23.jpg
20150817_24.jpg
▲ 自衛艦隊司令部

20150817_25.jpg
▲(迎賓用)特務艇 ASY-91「はしだて」
  水中処分母船 YDT-03

20150817_19.jpg
▲ はるしお型潜水艦「わかしお」(退役艦)
前回訪れたときにもいた「わかしお」は今も同じ場所にいました。

20150817_20.jpg
20150817_21.jpg
▲ やえやま型掃海艦3番艦 MSO-303「はちじょう」
  えのしま型掃海艇3番艇 MSC-606「はつしま」
今までの掃海艇は磁気・音響による感応機雷が存在する為、その対策として木製でした
(「はちじょう」も木製)。ですが、木材の高騰や木船建造技術者の減少を受け、
掃海艇の材質は繊維強化プラスチック(FRP)へと移行。
えのしま型掃海艇は自衛隊初のFRP製の掃海艇です。

20150817_22.jpg
▲ 海洋観測艦 AGS-5106「しょうなん」

20150817_26.jpg
▲ 掃海母艦 MST-463「うらが」
  ふたみ型海洋観測艦2番艦 AGS-5104「わかさ」

20150817_28.jpg
▲「いずも」、「きりしま」、「たかなみ」、「てるづき」

前回訪れた時にははずれてしまったのですが、このクルーズではチケットの半券に記載されている番号の
下3桁を使って抽選会を行っていまして、当たりだと景品が頂けるのです。
そして今回、一之瀬は見事当たりまして、砕氷艦しらせカレーを頂きました。
ありがたく頂きます…!

* * *

「横須賀編 」はこの辺にて。
今回も沢山の艦が見られて幸せでした。天候を考えて中止にしなくて良かった…!
次回は「ロナルド・レーガン」がやってきた頃に訪れようかな(前回も同じこと言ってt)。