スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
御堂兄弟のその後… 
rd20150419_02.jpg
(※クリックで原寸大)

先日の仲良し御堂兄弟から一転し、互いに闇に染まった後の兄弟の再会。
何とか自我を保ち、トラウマと闘ってはいるものの、朱鷺兄を前にすると恐怖心が朱羅さんを支配し、
再会して間もない頃なんかは震えて動けなくなる程でした。
有能で実績を順調に重ねているあの朱羅さんが何者かに対して恐怖で動けなくなっている様を
見た仲間なんかは、きっと驚くと同時にこの兄弟に一体何があったのか、
知りたくて仕方なくなってしまうんじゃないかな…。

朱鷺兄は御堂家を出た後、朱羅さん同様各地を転々とし、とある組織に属します。
朱羅さんがERASEに入隊している以上、いくら朱鷺兄でも1人で相手をするのは骨が折れますし、
組織が得る情報も有益なものである以上、それを利用しない手はいかない。
それに朱鷺兄は性欲も旺盛なので、相手を探す手間が省ける、という理由もあります。
転々としていた時にも、相手に困らないくらい人を惹き付けるようになっていますが、
相手が一体どんな病気になっているのか等、問題点も多く(朱鷺兄も大体スラム街にいたので)、
組織の人間であれば健康管理もしっかりしていますし、そういった危険性を省ける訳です。

朱鷺兄は男女問わず抱けますが、朱羅さん以外に対してはただ己の性欲を発散する為の道具
…としか考えていません。なので、朱鷺兄の意思に反したことをしようものなら
生きたまま骨を折られたり内蔵や身体の部位を抉られたりするのです……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。