護衛任務 
正装フロ君
(※クリックで原寸大)

ERASEのお偉いさん方が出席するパーティで護衛任務遂行中のフロ君。
ERASEは政界でも力を持つ組織なので、各界の代表者達が集うパーティー等に呼ばれることも。
そうなると必要になるのは、出席するERASEお偉いさん達の護衛。
パーティーということで正装必須なので、フロ君もこんなの着て欲しいなぁと思いました。
護衛任務なのでしっかり武器も持っています。
昔はレッグホルスターやヒップホルスターが好きだったのですが、
最近はショルダーホルスターが好きになりまして。
ベスト+白シャツ+ショルダーホルスターなんてもえの集合体じゃないですか…やだぁ……(悶)

フロ君は外見も物腰も実力も素晴らしいので、こういう場面では重宝されそうです。
同様の理由で朱羅さんもよく護衛任務に召集されます。
朱羅さんは名家出身故に社交場に慣れているという面もあるので、更に重宝されます。

正規部隊員になれば任務には、任務時の正装と言える制服を着用しますが、
こういう公式できちっとしたパーティーや食事会等での任務や潜入捜査は昔から大好きです。
髪もオールバックとか普段と異なる髪型+正装で交戦とか燃える…滾る……。

個人的に、こういう場で潜入する朱羅さんやフロ君も良いですが、
いっきが正装でこの場にいたらギャップでああん……となります。
普段は人懐こくてお兄ちゃんないっきが『男』を見せる場面はいいなぁ…と。
まぁ、こういう場でなくてもいっきはやるときにはやりますし、男を見せるのですけどね。

先程から男性の話しかしていませんが、勿論ドレス姿で銃を使用する女性も大好物です。
ハンドガンで戦うも良し、ガトリングガンを派手にぶちかますも良し。たまらんです。
前に見た、とある男女の結婚式当日、突如式参加者達がゾンビ化してしまい、
純白のウェディングドレスを着た新婦が純白のドレスを真っ赤に染めながら戦う映画を思い出します。
某ゾンビゲームの映画1作目の女性もたまらんです。真っ赤でシンプルなドレスで戦う姿がたまらんです。