キリス種族 
朱威さん
キリス種族最後の長 朱威さん

以前からたまに登場している朱威さん。
キリス種族最後の長であり、御堂家の始まりの人。
朱威さんはキリス種族歴代長の中でも最強と謳われた人でした。
そんな、戦闘民族であるキリスの長である朱威さんですが、性格は穏やかでいつも笑顔で優しい人。

そんな朱威さんは人間との共存を望み、努力していました。
しかし、元々人間に迫害された祖先がキリス種族の始まりだったが故に、
一族の殆どはそんな朱威さんの思想には反対していました。

そしてERASEのキリス狩りの時、朱威さんは一族を命懸けで護っていたにもかかわらず、
よりによってそんな一族達に生きたまま喰われ、絶命しました。
朱威さんを喰ったのは、朱威さんへの憎しみや怒りもあった為でもありますが、
一族が絶滅しようとしている最中、子孫繁栄を第一に考え、生きてきた種族故、
一族の中で1番強い人物だった朱威さんを喰い、その力を後世に残そうという本能から
…というのが1番の理由だったのだと思います。

ちなみに朱威さんは生前、生贄として種族に捧げられた人間の少女と相思相愛になります。