フロ君と負傷朱羅さん 
フロ君と負傷朱羅さん
― 朱羅さんは俺が必ず護ります ―
(※クリックで原寸大)

朱羅さんは敏腕暗殺者なのですが、個人的趣味で負傷させるのが楽しいんですよね…。

ERASE暗部に目をつけられる(=標的になる)というのが、
裏社会では一種のステータスのようなものになっていて、
更に諢名保持者の標的になったとなると、更にその標的の人物の格が上がることになります。
朱羅さんが現場で諢名保持者として活躍していた時期だと、
純粋な戦闘能力で見ると修ちゃんの方が上なのですが
メンタル面や経験等込みでの総合力を見ると、朱羅さんの方が勝ります。
…ので、この時期だと朱羅さんがERASE暗部筆頭エースと言っても可笑しくありませんでした。
そんな朱羅さんは、本人が望んではいないけれど裏社会では有名人になったりもしていて、
朱羅さんに会いたいが為にSクラスの犯罪を犯す者まで現れるように…。

朱羅さんが負傷すると"命の危険"という意味での危険性よりも、
"キリスの血の覚醒"という意味での危険性の方が勝っていたり…。
人間とキリスの混血である朱羅さんは、人間とキリスの血の配分が非常に重要で、
血の均衡が崩れると、キリスの血が人間の血をあっという間に飲み込んでしまう訳です。
そうなると、朱羅さんの自我もキリスの血に飲み込まれることになります。
そうならない為に日頃から精神的にも鍛えている朱羅さんなので、
余程の重症(対朱鷺兄戦が良い例ですが…)にならない限りは、なんとか自我を保てるくらいには
強靭な朱羅さんの精神は鍛えられています。

フロ君にとって朱羅さんは最も敬愛している人なので、彼の身に何かあればフロ君も普段見せないような
表情や言動を見せることがあります。
自分にとっては勿論、ERASEにも必要な存在だと思っているので、
フロ君にとっては何よりも大切な存在である朱羅さん。
成長すると、フロ君が最も愛する存在も出来るのですが、
フロ君にとって、最も敬愛している人が朱羅さんであるということは一生変わりませんね。