スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NVあけみん機 『ウィナーシャヤティ』(改) 
ウィナーシャヤティ
(※クリックで原寸大)

以前UPしたあけみん機のちょこっと改良版+α。
背部や頭部正面図等も考えておかないと…と思いまして。
後は機体名(候補)なんかもお披露目。
あけみんのニルヴァーナは『ウィナーシャヤティ』と呼ばれています。
名前が長いので、『ヤティ』や『(紅の)死神』と呼ばれています。

以前UPしたヤティと比べてパッと見、変化は乏しいですが、
気になっていた腕(の間接部分)と脚部分をちょこちょこ改良してみました。
背中に付いているブースターは取外し可能で、戦闘状況によって様々な形状・用途の
飛行ユニット等が取り付けられます。

ヤティは主に近距離~中距離で運用されることが多く、アティ粒子を内臓した鎌や砲撃武器を使用します。
ですが、兵装によっては戦艦並の火力を持つキャノンをマウントさせることも出来るので、
遠距離でも使用出来ます
(ただ、遠距離は主に朱羅さん機の攻守領域なので、ヤティはやはり近距離~中距離が多いです)。

ヤティは最新機のフロ君・キリちゃん機体の元となった機体のひとつで、
フロ君・キリちゃん機のひとつ前の機体ですが、フロ君・キリちゃんは遺伝子操作され、
試験管で生まれた特別な存在なので、普通の人間には彼らの機体を操縦することが出来ません。
なので、人間が操縦出来る機体の中で見れば最新機です。

ヤティは元々、フロ君やキリちゃん達のような『スレーシュ』と呼ばれる
所謂"新人類"の為の機体製造を目的としたとある計画によって作り出された機体の為、
量産タイプではないので機体自体の汎用性は劣りますが、
スレーシュ機用武器を検討する意味でも様々な兵装も同時に開発された為、
他の機体に比べて近距離・中距離・遠距離武器等、兵装には恵まれています。
所謂『試作機』という位置のヤティですが、試作機とは言え開発目的が目的だったので、
兵装によっては戦艦並(若しくはそれ以上)の火力を持つことが出来、
守備力も高く、非常に優秀な機体です。現状でもバリバリ現役のメイン機・エース機のひとつ。
高い戦闘力・守備力を持ちながらも意外に軽く、省エネタイプで稼働時間も長いです。
その辺りも開発チームの血と汗と涙の結晶。
(因みにヤティやスレーシュ機の開発チームのリーダー(の1人)はいっきだったりします)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。