NieR:Automataなぷそ朱羅さんとぷそ朱威さん 
rp20170401.jpg
(※クリックで原寸大)

ぷそことPSO2でNieR:Automataコラボを実施中なので、以前から描いてみたかった
9S君衣装のぷそ朱羅さん(とぷそ朱威さん)。

オートマタのデザインは秀逸ですね。はい。2Bちゃんや9S君は勿論、司令官やA2のデザインも
好きです。黒の衣装はやっぱり色々としまりますね。かっこいい。
…そして、ぷそ朱羅さんはやっぱり何を着ても似合う(親馬鹿)。
ぷそって♂コスに厳しいゲームなので、オートマタコラボで実施された9Sコスはたまらないですね。
特に少年キャラをお持ちの方は歓喜の声をあげているのではないでしょうか…。

*

…で、一之瀬もつい昨日、オートマタの全EDを見たのです……。
発売日の翌日に届いてからほぼ毎日プレイしていまして、遂に昨日……昨日……。

……もう、ツライ。ツライです。個人的にはもう…ヨコオさんのロッカー事件再来。…そんな感じです。
DOD無印で出逢ってからヨコオさん作品が大好きなんです……。大好きでツライんです…(語威力低下)。
今作も消化不良(悪い意味ではなく)で、一夜明けた今日もずっと悶々しています…。
サントラを聴くと目から変な汗が流れてきたり、つれぇ…ツレェ……という心境に拍車が……。
発売日が延期された攻略・設定資料集の発売が待ち遠しいような怖いような、でもやっぱり待ち遠しい…。

こんなに演出が凝っている作品って早々ないよな、と思いました。本当に凄いです、演出。
音楽とかグラフィックとか環境音とかキャラクターとか諸々も素晴らしいですが、
クリアして1番に感じたのが演出の素晴らしさでした。
睡眠事情 
rp20161114.jpg
(※クリックで原寸大)

ちょっと大きくなったぷそ朱羅さん。お昼寝は相変わらず大好き。
横になればすぐに眠れるし、寝る場所も不問。どこでもいつでもどんな状況でも眠れることが特技。
予定もなく放っておけば、きっと1日中寝てるんじゃないだろうか…… (・ω・)

レトロ朱羅さんはそんなぷそ朱羅さんと逆で、眠らなくて平気な人。1日の平均睡眠時間は余裕で
1時間を切ってます。ただ、それだといっきが煩いので、出来る限り1時間以上寝ようとは
している様子…(実行出来ているかは………)。
それでもレトロ朱羅さんは不定期でとても深い睡眠の波がくるので、その時は普段とは逆で
滅多なことでは起きられなくなるのですが(このあたりもキリスの血絡みだったりします)。
ぷそ朱羅さんの成長 
rp20161112.jpg
抱っこを求めるちみっこぷそ朱羅さん
(※クリックで原寸大)

朱威さん(―が奉公()している先)のところに引き取られた頃は、全くと言っていいほど喋らなかった
ぷそ朱羅さん。それだけでなく、喋らないし、自発的にあまり動かないし何にも興味を抱く様子もなく。

でも、朱威さんや引き取り先の皆の努力もあって、少しずつ少しずつひとらしい言動が増えていきます。
朱威さんや家族が動いているのをじぃーーーーーっと見始めるのが最初ですかね。
その後はその後を(無言ですが)ついていくようになり、そのうち、最初は単語だけだったりもしましたが
言葉を発するように。そこから発言回数も長さも増え、単語のみの状態から会話が出来るようになります。

そうなった時に初めて朱威さんに頭を撫でてもらったぷそ朱羅さん。
それがよくわからないけれど、こころがほわっとしたと感じたぷそ朱羅さんは、
それから(やっぱり無言ですが)頭を撫でて貰えるように撫でてアピールをしてくるようになり、
更に進化すると↑のように抱っこしてアピールもしてくるようになりました。

成長するに従っていろんなものを失っていくレトロ朱羅さんに対し、ぷそ朱羅さんは成長するに従って
いろんなものを得ていく子なのでした。
お昼寝とひなたぼっこ 
rp20161110.jpg
(※クリックで原寸大)

ごろにゃんぷそ朱羅さん 。^・ェ・^。
ぷそ朱羅さんはレトロ朱羅さん(少年期)同様、どこでも寝られる子。
道端だろうが大通りだろうがどこでもすやすや... ( ˘ω˘ )
でもやっぱりお日様でぽかぽかしたところで眠るのが1番のお気に入りで、
特に実家の縁側でのお昼寝やひなたぼっこがお気に入りだとか。

*

気が付けばもう2月も終わりなようで……。早すぎる…。
そして毎日の拍手、ありがとうございます!
自覚したフェチ 
rp20161016.jpg
rp20161026.jpg
rp20161027.jpg
(※全てクリックで原寸大)

ぷそ朱羅さんを描くようになって、自分のフェチ意識が変わったように感じます。
今までもフェチはありましたが、ここまで自分に素直に…と言いますか、自覚して実際に描く。
…ということは今までそこまでなかったかなぁ…と。

以前から何度か話してはいますが、ここまで自分が太ももや脚にフェチを感じたのも、ぷそ朱羅さんを
描くようになってからですね。
昔は身体全般、描くのがとても苦手で、身体のラインが隠れるようなだぼっとした服を描くことが
多かったですし…。
今では変わらずダボ服も大好きですが、身体のラインがよくわかる服なんかも描くことが増えましたし、
脚を描く楽しみ(そして難しさ…)もわかるようになりました。ぷそ朱羅さんに感謝。